本文へスキップ

徳島大学大学院 理工学研究部 機械科学系 エネルギーシステム分野

   

English

研究内容research

画像をクリックすると研究詳細を見ることができます。

燃焼改善と排気後処理装置による直噴式ディーゼル機関の排気改善(NF)

NF

ディーゼル機関では,NOxと微粒子の間にトレードオフ関係があり同時低減が難しい.燃焼に関してこれまでに,実機関の性能試験で燃焼室入口口径比を絞ったリエントラント型の高スキッシュ燃焼室による過濃高乱流燃焼が排気低減に有効であることが示されおり,本研究ではEGR条件下でこの過濃高乱流燃焼の燃焼,排気特性を調査した。


ディーゼル機関の予混合燃焼に関する研究(RT)

RT

近年,ディーゼル機関における排気ガス規制が厳しくなっており,ディーゼル機関の予混合燃焼が注目されている.本研究では,現在燃料噴射装置を搭載した直接噴射式ディーゼルエンジンを用いて,予混合燃焼の燃料予混合過程の最適化について研究を行っている.また,排気後処理装置であるDPF(ディーゼル微粒子フィルタ)の実機搭載試験も行う。


多重光学撮影法を用いた蒸発ディーゼル噴霧の解析(SPRAY)

SPRAY

ディーゼル機関において燃料噴射から着火・燃焼に至るまで,ディーゼル噴霧の微粒化および蒸発過程を経由する.燃料と空気の混合は燃焼に影響し機関性能や排気特性を支配する.本研究では,ナノ秒光源,高速度カメラやレーザ光源などの高速可視化装置を用いて,急速圧縮装置で形成した高温高圧雰囲気中に噴射されるディーゼル噴霧の蒸発および微粒化過程を明らかにする。


ディーゼル噴霧の着火・燃焼に関する基礎研究(RCM)

RCM

ディーゼル燃焼における燃焼過程において,燃焼室内火炎の発達が窒素酸化物および煤の生成に及ぼす影響を,急速圧縮装置,全量サンプリング装置および高速度二色温度計を用いて明らかにする。


筒内直噴による天然ガスエンジンの希薄燃焼に関する研究(CNG)

CNG

作成中


油水噴霧バーナによる重質燃料の燃焼に関する研究(Emul)

Emul

バイオマス燃料の水エマルジョン化燃焼法に着目し,コストの増大や燃料の安定性などの問題点を解決し,水と燃料を噴射直前に急速混合可能な内部急速混合型油水噴霧ノズルを用いて実験を行いNOx等の排気の改善を行っている。


高温空気燃焼のNOx排出特性と安定燃焼限界の解明(HiTAC)

HiTAC

高温空気燃焼は排熱回収による熱効率の向上と窒素酸化物排出量削減を同時に達成可能な燃焼技術である.本研究では,植物油や重質油を燃料とした高温空気燃焼技術を確立するために,液体燃料を用いた高温空気燃焼(高温空気噴霧燃焼)の窒素酸化物排出量に対するバーナー構造の影響を明らかにすることを目的としている。


排ガス希釈された乱流非予混合火炎の浮き上がり高さに関する研究(FLAME)

FLAME

排ガス希釈は窒素酸化物および煤の排出量低減のための有効な手段となっている.本研究では,排ガスによって希釈された乱流非予混合火炎の浮き上がり高さをモデル化することを目的としている。


information

徳島大学大学院
理工学研究部
機械科学系
エネルギーシステム分野
動力工学研究室

〒770-8506
徳島県徳島市南常三島町2-1
TEL.088-656-7370
FAX.088-656-9124