研究室の概要

  本研究室では、新しいアイディアに基づく分光・光学計測機器の開発と、それに関連した数学的データ処理アルゴリズムの開発を行っている。すなわち、世の中のどこにも存在しない新規な装置の考案・試作と、そのためのデータ処理アルゴリズムの開発を目指している。研究テーマのページに記載してある内容は、機械系の学生にとっては皆目見当がつかないかもしれないがあまり心配することはない。これまでに4年次から修士2年までの計3年間在籍した学生は、それぞれ配属当初と比較すると、科学計測関連のハードとソフトに関して、目を見張るばかりのレベルに到達して世の中に出ている。先輩達の熱心な指導の下、楽しく研究するにつれ、電子回路、コンピュータソフト、光学関連事項などもマスターできる。


いろんな精密光計測法を開発中.
[Keywords] 干渉計測,偏光計測,蛍光計測,分光計測,光トラップ,光熱変換,顕微イメージング,

エリプソメトリ,超微弱光

 


News&Topics


2018.4.13
メンバー,学術論文ページ更新

2018.3.
D3 市橋宏基さん, 銀屋真さん 博士後期課程の学位(工学)を取得し,博士後期課程を修了しました.




過去のトピックスはこちら



Recent Publication









Coming Presentation